2011年10月23日日曜日

iPhone4S




ブツ:iPhone4S
用途:携帯電話
購入金額:0円
予約日:2011年10月11日
購入日:2011年10月23日
検討日数:3日
購入店舗:SoftBank代理店

個人的な満足度:90点 2012/11/14時点

       欲しくなる前の私のデータ 

・携帯電話歴
ポケベルからPHSになり、docomoIDOauWILLCOMなどを毎年機種を買い換えて、ときには二台持ちなどして利用してきた。
iPhoneを買う前は、docomoのSH04Aという機種を1年11ヶ月使用していた。

この機種のクオリティキーボードというやつが非常に気に入っていたのと、タッチパネルの操作性が最悪なのとで、タッチパネル操作しかできないiPhoneは「使えねーだろ」と思っていた。
あとApple信者みたいな連中がいることも、なんだか分からないけどアンチな気分にさせていたので、新しいiPhoneが発売されるとニュースになっていたけど、買うことは絶対にないと思っていた。

・スマホについて
なんか巷では、やたらとスマートフォンというものが流行りだしていた。
しかしガラケー使いの私からすると、これで困ることはなく、ネットは家でやればいいしわざわざ高い金払って外でネットする必要ないわ…と思っていた。
つまり、「スマホ=ネットが出来る端末」くらいの興味しかなかった。


              なぜ欲しくなったか

iPhoneについてはアンチ気味だったが、iPadはちょっと欲しかった。
そんなとき、SoftBankが「あれ・これ・それキャンペーン」とかいうやつを始めた。iPhoneと同時にiPad2を買うと、iPhoneが無料でiPad2の3G版(GPS付)が割引の機種代だけで利用できるとかそんなキャンペーン。
ぱっと見、宣伝を見るとiPadが無料なんかと勘違いしてしまうようなキャンペーンだったが、実際はもちろんそんなことはなく、iPadの機種代は毎月取られるんだが、それでも自分への言い訳としては抜群の効果を発揮した。
「iPhone代が無料だから、その浮いた分でiPad買えると思えばお得…」と、あっさり自分を納得させることができた。
興味なかったので、スマホ知識は0に等しかったが、10時間/Dayくらいスマホについてネットを貪ったら、思ってた以上に素敵な物だということが分かり、タッチパネルには”Flick”という操作方法があり、それさえあれば物理ボタンは要らなそうだと分かった。
iPhone使ってる友達などにも詳しく聴いて、あっさりこのキャンペーンに乗ることにした。
iPadが欲しかったわけだが、調べまくった結果、急激にiPhoneにも興味が沸いた。
とくにGTDというやつに非常に興味を持った。
ちなみに、来月でdocomoの2年契約が満了するという瀬戸際だったが、それを待つと納品がキャンペーンに間に合わなくなる可能性があった。
結局、違約金を払ってもiPhoneに乗り換えようと決断したわけだが、その際もちゃんと逃げ道は用意されていて、MNPすることで同額程度のバックが得られることが分かった。

もともと否定していたものを認め、感情が逆に振られたことで一気にもっていかれた。
買おうと決めたときには、ものすごく欲しくなっていた。


        納品まで 

・予約状況
予約開始4日目の10月11日(火)の午後に、地元のSoftBankに予約しに行った。
埼玉県の片田舎なだけあって、待ち時間は全くなくガラガラだった。予約の順番は80番だった。
ちなみに各地で予約待ちの大行列が報道されていた初日のオープン時点で並んでいた人は3人だけだったという…。銀座で数日前から並ぶなら、都民は当日の朝電車で1時間くらい下った店にオープン5分前に行った方がいいのかも知れない。
14日から販売開始だが、初日は50台の入荷にとどまると。なので、初日ゲットはならず。
後日いろいろな代理店に確認した所、「日にちはランダムに数台ずつ入荷となるので、いつ何台入るかは分からない」「初日にはいったあとは、1ヶ月入る予定なし」「在庫を多めに確保できるよう注文を出しているから、初日はたくさん入るがそのあとは分からない」「毎日2,3台ずつ入荷する」と、答えはまちまちだったが、総合すると「入荷日・台数・サイズ・色、すべて未定」とのことだった。


・16Gを選んだ理由
事前にスマホについて調べて、対応している大容量オンラインストレージサービスがたくさんあったし、使用した感想などを見ていると、音楽ファイルや画像なんかは十分使用に耐えうることが分かっていた。スマホの流通具合やクラウド系サービスの容量、速度の増加具合から見ても、これらのサービスは今後どんどん発展していくだろうと容易に予想できた。
というわけで、一番安い16Gで十分と判断した。


・納品まで
2chの納品報告スレや、Twitter、ショップに電話などして入荷状況をチェックし、首を長くして入荷連絡を待った。
本当にショップによってまちまちだということが分かった。
初日に入ったっきり、1週間全く入らない店とかザラにあるようだった。
PCショップが毎日3台ずつくらい入荷していて、当日販売していたりした。
銀座のAppleは毎日入荷だったが、毎日朝から大行列が続いていた。
入荷待ちの間に、アイテムを購入しておいた。

保護フィルム
バンパー
バッテリー付ケース

結局上記は1年後にはどれも全く使わなくなっていたが。
この時は、評価など調べまくって必要そうだったので買っておいた。


・納品
10月23日(日)
午後3時ころ、SoftBankからiPhoneだけ入荷したと℡がかかってきた。
2chの”iPhone4Sの入荷を待つスレ”では、11日予約組はまだまだ先になりそうな雰囲気だったので、思ってたよりはるかに早かった。
ちなみに、11月になってもまだ手に入らない11日予約組もかなりいた。

docomoにMNP予約番号を発行してもうらために電話したら、「MNPやめたら15000円キャッシュバックします」と言われたが断った。
相変わらずガラガラのSoftBankで、店員さんが1時間半ほどかなり詳しくiPhoneについていろいろ教えてくれた。というか語ってくれた。SoftBankのWi-Fiスポットも無料でもらった。

ちなみに、iPadは10月29日に購入できた。

        iPhoneその後

2012/11/19 購入から一年経過
・用途
毎日大活躍している。
なにに?と言ってもあり過ぎてコレって言えないくらい活躍している。
サブ脳みそって感じ。
Evernoteを使ったGTDでやるべきことを全て効率良くこなして、カレンダーやReminderに記録した時間にアラームが鳴り、なにかあったらすぐに消音系カメラでメモ。食事の後はカロリー計算を記録し、支払った金はicomptaに記録して、Macと同期して家計簿管理。istudiez proが次の時間にすることを教えてくれ、studyplusで勉強した記録を付ける。
買い物帰りに100均に寄りたくなったら、Mapで近くの100均を探してナビしてもらう。
何か他に買うものあるかをLINEで聴く。”既読”にならないから、今は忙しいのだろう。じゃー待ってないで帰ろう。帰りは自宅のPCの中に入ってる音楽をiPhoneに飛ばし、iPhoneからFMトランスミッターに飛ばしてカーステレオから流して聴こう。
スペイン人が遊びに来ても大丈夫。グーグル翻訳に話しかければ、音声付きで訳してくれる。
順番にiPhoneに話しかければ、ちょっとできの悪い通訳さんになる。
電車で出かけてる最中、iPadで電子書籍を読む。
オンラインストレージに置いてある本を、iPhoneでダウンロードして、3GをつけていないiPadにBluetooth接続で飛ばして、iPadで読む。これならiPadの容量も16Gあれば十分になる。

そんな感じで、日常にすっかり溶け込んでしまった。
もちろん、これはほんの一部の使い方にすぎない。

購入当時は、Androidの動作がものすごくカクカクしていたので、iPhoneのヌルヌルした感じのなめらかな動作もとても良かった。
レスポンスも全くストレスを感じない。
Flick入力は3日で慣れた。もうプッシュ方式には戻りたくない。

まーとにかく不満は全くないということだ。

そしてさらにさらにiPhoneを素敵なアイテムに進化させる方法があった。

それは・・・脱獄だ。


脱獄してみての感想
脱獄とは何かとか、どうやればいいのかとかはググればいくらでも出てくるので書かないが、簡単な感想は、便利なiPhoneがめっちゃくちゃ便利になった、て感じ。
故障したときにAppleの保証が受けられなくなるとかそんな話があるが、もし調子悪くなって店に出すときがあったら入獄させれば元通りだから心配ない。
また、よく「文鎮化したら嫌だ」という人がいるが、脱獄ツールをつかえばまずそんな現象は起こらないと思う。
「文鎮化したら嫌だからOSアップデートしない」って言ってるのに近い感覚な気がする。
まーとにかく便利なので、もう脱獄なしiPhoneじゃ満足できない・・・と思ってたら、なんと先日、酔っ払った深夜3時に完全にミスって、脱獄iOS5を普通にiOS6にアップデートしてしまった。なので、現状(2012/11/19)ノーマルiPhoneになっている。
非っっっっっ常に不便だ。
早くiOS6の脱獄ツール出てくれと切に願っている。


裸について
1年間で、iPhoneのカバーはどれがいいのかと何度も買い換えた。

結果、裸になった。

いや、厳密に言うと、裸にBunker Ring2 を装着している。
こいつはものすごく便利アイテムなのでオススメである。
今はBunker Ringが出ている模様。

裸にひん剥くまでに紆余曲折あった。
バンパーは全体的にでかくなって文字が打ちにくくなったし、バッテリー付カバーは重いし、思ったよりバッテリーもつし。しばらく100均セリアの超シンプルなカバーと、評価の良い保護シートで過ごしていた。保護シートは半年くらいでまた張り替えた。
透明なシンプルなカバーも若干嵩張る感があった。
半年くらいして、画家の知人が作ったケースを買って少し使っていた。
絵が書いてあるせいで、剥がれたら嫌だなと思い、なんとなく扱いに困った。

しかしある日突然気が変わった。

ベッドの上に置いてあったiPhoneを誤って床に落下させてしまったのである。
おもいっきり表面から落っこちて弾んだ。

「ああぁああぁああ!!!!!」

と驚いて、急いであいぽんを見ると、ホームボタンに2mmくらいの小さなキズがついてしまったではないか。

悔しいぃいいいいいいいいいいいいい!!!!!!!!!!!!!!!

・・・・と思った瞬間、

あれ?

なんかアホくさくね?

と思った。

たかが携帯の傷ごときで、なにショック受けてんだ…と。ちょっとウケた。

その3分後には、ケースを外し、先月張り替えたばかりの保護シートをビリビリと剥がしていた。

てか、どーせ2年経ったら買い換えるかもしれないし、みんな頑丈なケースでガッチガチに守ってお上品に使ってるなら、俺はこいつをボロボロの傷だらけにしてやろう…とか思った。

まーでも、実はその前にゴリラガラスやドラゴントレイルガラスなどの強度についても調べ尽くしてあったので、裸でも大丈夫そうだという情報は持っていた。

んで、その日をきっかけに素っ裸にしたのだった。

それから半年経つが、裸iPhoneには傷ひとつついていない。

裸は持ちやすいし、滑りもいいし、画面も綺麗でかなり素敵だ。
指紋を落ちやすくするために、フッ素コーティングはしている。
これも裸の人にはオススメである。
指紋がついても、ポケットに入れている間に綺麗になっている。

これにBunker Ring2を装着して、どこでも安心して片手操作でiPhoneをいじり倒している。





0 件のコメント:

コメントを投稿